読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エイプリルフール、新学期

 4月1日を迎え、新たに大学に入学される新入生をまぶしく思いなが本日より大学4年生になりました。

 

しかしまだ3年生の春休みが2日残っているということで

研究室の出席を強制されておらず、実質長かった大学生活の休みといえる日は明日までとなってしまったわけです。

 

 そんな貴重な休みの土曜日はレンタルしたDVDをまとめて観る日に使ってしまったので感想を書こうかなと思います。

 

 今回見た作品の中で一番印象に残った作品がこちらの「ザ・ウォーク」です。

 

この作品、借りるより前からずっと存在だけは耳にしていました。

パッケージを見ただけでもわかる通り、大道芸人が高いビルを綱渡りするという物語。

 

ここまでシンプルな内容なので先入観で勝手に出落ち映画だと思っていましたが

実際に大真面目に行うとなるとこうなるよなというリアルな描写まで描かれていてかつ主人公の成長物語も混じっていたため当初のイメージと異なりかなり王道な映画で誰が見ても楽しめるのではないかと思った。

 

ただ実際の話をもとにしているのでそこまぶっ飛んだ内容ではなく後半の盛り上がりはグランドフィナーレという感じではなく緩やかだったなと感じたところでした。